簡単!ボックスティッシュカバー

こんにちは。今日はひさびさに、ハンドメイドの話題です。

ボックスティッシュカバーのつくり方に、2枚の正方形の布を表裏で
縫い合わせる方法がありますね。シンプルなつくり方ですけれども、
きちんとティッシュの箱を包める(しかもリバーシブルになる!)ので、
初めて知った時にとても感動しました。
このつくり方を考え出された方は、本当にすごいですね

今回は、もうひと手間を加えて、
パッチワークのティッシュカバーをつくりました。
パッチワークのティッシュカバー
リバーシブルなので、ひっくり返すとこういう風にもなります。
パッチワークのティッシュカバー

つくり方を簡単にまとめてみましたので、よろしかったらご覧ください
 ↓   ↓   ↓

約24.5(幅)×11.5(奥行)×5(高さ)cmの
ボックスティッシュのカバーをつくります。

材料

●A、B用の布 (サイズは、下のつくり方【1】の画像をご覧ください)
●ボタン 2個 (2cmくらいのくるみボタンが良いそうですよ)

つくり方

1
A布、B布をパッチワークでつくります。
下の図のサイズに縫い代は含まれていませんので、
1cmの縫い代をつけて布を裁ちます。
ティッシュカバーのつくり方-1
2
A布とB布を中表に合わせ、9cmの返し口を残して、
周囲を縫います。
ティッシュカバーのつくり方-2
3
角を4箇所切り落とします。

ティッシュカバーのつくり方-3
4
【2】で縫った周囲の縫い代をアイロンで割ります。

ティッシュカバーのつくり方-4
5
表に返して、アイロンをかけてから、
返し口をコの字とじで閉じます。
ティッシュカバーのつくり方-5
6
端から5mmのところをステッチします。

ティッシュカバーのつくり方-6
7
三角に折って、角から10cmのところを縫い合わせます。
リバーシブルにできるように、布端1mmくらいを縫います。
ティッシュカバーのつくり方-7
8
上の【7】の図に描いてある位置にボタンを付けます。
角に付けることで、表裏どちらでも使えるようになります。
9
ティッシュの箱を入れて、【7】で縫い合わせたところに
ボタンをかけたら、完成です! ティッシュカバーのつくり方-9

この時期、アイロンを使うのは暑いですけれども
パッチワークをする時や、A布とB布を縫い合わせて表に返す前後に
きちんとアイロンをかけると、やっぱりきれいにできますね。

おまけ

このティッシュカバーは、B布の四隅をすべて同じ柄にはしないで
縫ってみました。
パッチワークのティッシュカバー

こうすることで、つくり方【7】で三角に折る時の向きによって、
柄の出方が変わるようになっています。

●パターン1
この向きで三角に折ると
パッチワークのティッシュカバー
こうなります。
パッチワークのティッシュカバー
↑A布を表にした時
パッチワークのティッシュカバー
↑B布を表にした時
(この記事の最初にご紹介したパターンですね。)

●パターン2
この向きで三角に折ると
パッチワークのティッシュカバー
パッチワークのティッシュカバー
↑A布を表にした時
パッチワークのティッシュカバー
↑B布を表にした時

もっと色々な柄の布を使ってみると、もっとおもしろいものが
できるかもしれませんね

……ところで、今回使用した黄色い布が薄焼き卵のようで、
時々このティッシュカバーが大きな茶巾寿司に見えます。
(きっと私だけだと思いますが…

関連記事
ランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村
- ad -
  
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
http://fuwakero.blog.fc2.com/tb.php/15-a78723a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)